宇部市の議員定数、議員報酬

* 宇部市の議員定数、議員報酬

人 口
 (人)
議員定数
(人)
報酬(万円/月) 議員密度
(人口1万人当たり議員数)
報酬合計
(万円/月)
市民1人当たり報酬負担額
(円/月)
市民1人当たり
議会費負担額
(千円/年)
議長 副議長 議員
下関市 283,649 36 67.5 61.0 56.5 1.27 2,049.5 72.3 2.12
宇部市
(平成 23/4 )
173,401 32
(28)
55.1 49.9 47.0 1.85
(1.6 )
1,515.0 87.4 2.07
山口市 187,648  32 55.7 48.0 44.9 1.71 1,450.7 77.3 2.04
防府市 118,371  25 51.3 44.1 41.3 2.11 1,045.3 88.3 2.54
周南市 152,365  32 54.5 47.5 44.5 2.10 1,437.0 94.3 2.59
岩国市 147,571  32 54.0 47.0 44.0 2.17 1,421.0 96.3 2.57

 *人口;平成 21 年3月31日現在
*議員定数;平成20年度
*報酬:平成20年度決算 (平均給料;期末手当、政務調査費等は含まない)
*議会費;平成20年度決算
*政務調査費;20、000円/人(会派所属議員は、会派に支給)
*データ出典;総務省 地方自治体決算状況(通称決算カード)より
コメント
 1.宇部市の議員報酬は、他市と比較して、やや高いレベルにある。
 2.議員定数(議員密度)については、平均的レベルといえる。なお次回、平成 23 年 4 月の選挙では、議員定数が28に削減される。
 3.全体的には、議員報酬がやや高く、議員定数が低く設定されているといえる。
 4.議会改革の目的は、「議員の定数や、報酬を減らして経費を削減する」ことではない、議員としての仕事、役目を果たすことにある。
現在の定数減、高額報酬の方向が、「民意とかけ離れた議会」としないため効果的か、真剣に考える必要がある。